けーちゃん旅ぶろぐ

世界一周を終えた旅好きによる旅情報サイト

ボリビアの国民的飲み物『モコチンチ』とは?

モコチンチってご存知でしょうか?

何を想像しました?笑

日本人の私たちが聞くと『え、なんだかちょっと…///』な名前ですが…
実は、ボリビア人にとって国民的飲料なんです!!!
日本で言う緑茶みたいな?


黒砂糖、シナモン等の香辛料、茹でた干し桃を煮て作られます。

ボリビアの屋台や道端など色んなところで売られています。
バケツからすくってコップに注いでくれます。

桃を入れるか入れないか選べることもあり、それにより値段が変わったりします。


目次

モコチンチってどんな味なの?


気になるモコチンチの味ですが、人によって感想が違うのです。


何故なのか・・・


初めて私が飲んだモコチンチはコチラ↓

f:id:keichantabi:20180907120706j:plain

サンフランシスコ広場(マヨール広場)にて買ったモコチンチ。

唐揚げ?とポテトの下には・・・モコチンチ!!


気になるモコチンチのお味は…

薄〜い梅ジュースに「お薬飲めたね」リンゴ味を混ぜた感じ。

『美味しくも不味くもない』というどっち付かずな味(笑)



しかし、別の場所で売られていたモコチンチを飲んでみると…

美味しい!!!

甘くてゴクゴク飲めちゃう味!


そう、買う場所によって味が違うのです。


調べたところによると、『美味しくも不味くもない』方が本物とのこと…

ラパスとウユニにて合計3度モコチンチを飲みましたが
3回中2回が「中途半端モコチンチ」でした^^;

うーん、国によって味覚が違うってやっぱり不思議・・・

モコチンチが国民的飲料となった経緯

遡ること2012年7月、当時のボリビアの外務大臣が

資本主義の象徴であるコーラなんて飲むのをやめようじゃないか!
ボリビアにはモコチンチがあるじゃ無いか!

  
と言ったことで国民的飲み物になった。とかそうじゃ無いとか…


その発言が原因かどうかはさておき、その発言は本当に言ったようで、
他にも
「マヤ暦の終わりである12月21日にて資本主義も終わりを迎え、そして共同体主義が始まる。
この日をもちボリビアからコーラを追放し、モコチンチ始まりの日とする」

という、まぁかなりブッ飛んだ発言もしたと。

国を代表する人の発言とは思えない(^_^;)
さすが南米。



実際、アメリカとボリビアは仲が良く無いようで。

ちょっと前も、ボリビアの大統領モラレスさんの
反アメリカとも思える発言がニュースになっていました。

parstoday.com


ついでに言うと、世界中で見かけるマクドナルドはボリビアにはありません。
以前はあったものの2002年に撤退しました。
理由については

「ボリビア人の食文化にファーストフードが合わなかったから」

というのが理由の様ですが、これは表面上の理由で
本当は「ボリビアの資本主義排除の方針から撤退せざるを得なかった」から、だったとか。


事実、ボリビアの店舗では赤字が続いていたそう。
マクドナルドが赤字!?と驚きですが、考えてみれば
物価が安いボリビアで、マクドナルドは高級品になってしまいますからね。

ボリビアへ行ったらモコチンチを飲んでみよう

いかがでしたでしょうか。
『モコチンチ』と言うネーミングにも慣れたでしょうか?笑


ボリビアを訪れた際は、ボリビア飲料モコチンチを是非。

日本でモコチンチを飲める機会は、なかなかありません。

それに日本で「モコチンチ」なんて連呼したら、周りから白い目で見られてしまいます。
ボリビア滞在中に「モコチンチ」を連呼してから帰国しましょう。