けーちゃん旅ぶろぐ

世界一周を終えた旅好きによる旅ブログ

ボリビアの国民的飲み物『モコチンチ』とは?

モコチンチ

日本人の私たちには
なんだかちょっと…って聞こえますが…
立派なボリビアの国民的飲料!!!笑


干した桃を茹でて、アニスやシナモンなどの香辛料と黒砂糖とを煮て作る飲み物らしい。。
ボリビアでは屋台や道端でよく売られていて、
頼むとバケツからすくってコップに入れてくれます。
桃入りと桃なしが選べることもあり、それによって値段が変わったり。

モコチンチのお味は?

このモコチンチ、飲む人によって味の感想が違う・・・!!!


最初は「好みの問題?」と思っていましたが、どうもそういう訳ではないようで…



私が初めて飲んだモコチンチがこちら

f:id:keichantabi:20180907120706j:plain

首都ラパスにあるサンフランシスコ広場(マヨール広場)でおばちゃんから買ったモコチンチ。


ポテトと唐揚げ?の下に・・・モコチンチ!!


ポテトとお肉はまぁ普通に美味しいとして。

問題のモコチンチのお味は、、、

「お薬飲めたね」のりんご味に梅ジュースを混ぜて薄くした感じ。

『不味くないけど美味しくもない』っていう中途半端さ(笑)



が!!しかし、友人が別の場所で買ったモコチンチを味見させてもらったところ・・・

美味しい!!!

甘くて杏みたいな味がして、普通にゴクゴク飲める!!



当たり外れがある???

どうも私が飲んだ『不味くないけど美味しくもない』モコチンチが本当のモコチンチらしい・・・

ボリビアで2回モコチンチを飲みましたが(ラパスとウユニで)
私は2回とも「中途半端モコチンチ」でした・・・

モコチンチが国民的飲料になった経緯

2012年の7月、ボリビアの外務大臣が

資本主義の象徴であるコカコーラなんて飲むのはやめよう!
ボリビアの国民はモコチンチを飲むべきだ!!

  
と言い、それ以来ボリビアの国民的飲物になった とか・・・


それが理由かどうか審議のほどはさておき、その発言をしたのは本当の様で

「マヤ暦の終わりである12月21日に資本主義も終わり共同体主義が始まる。
この日をもってボリビアからコーラを追放し、モコチンチの始まりの日とする」

なんてぶっ飛んだ発言もしたと。



実際、ボリビアとアメリカは仲が悪いようで

少し前にもモラレス大統領が反アメリカとも捉えられる発言をしたことがニュースになっていました。

parstoday.com


ついでに言うとボリビアにはマクドナルドはありません。
2002年に撤退したのですが、理由については

「ファーストフードがボリビア人の文化に合わなかったから」

というのが表向きの理由の様ですが、「ボリビアの資本主義排除の方針から撤退した」なんて話も聞きます。


まぁ実際にボリビアの店舗では赤字が続いていたそうですし、
物価が安く、道端で食べるものが安く買えるボリビアで、
マクドナルドのハンバーガーは高級品になってしまいますから。

ボリビアへ行ったらモコチンチを


兎にも角にもボリビア名物「モコチンチ」。

ボリビアを訪れた際は、是非とも飲んで帰ってください。
できれば『不味くないけど美味しくもない』本物の方のモコチンチを・・・

中にはこれを「美味しい」と言う人も中にはいる様。
恐れずに飲んでみてください。


日本で「モコチンチ」なんて連呼したら白い目で見られるかもしれません。
ボリビアにいるうちに「モコチンチ」を連呼してから帰りましょう。