けーちゃん旅ぶろぐ

世界一周を終えた旅好きによる旅情報サイト

カラコルからボコンバエバ村、そしてスカスカへ

カラコルからボコンバエバ村へ

10/21

カラコルからボコンバエバ村へ向かいます〜。

朝の9時に行動開始。

宿から歩いて約20分。
南バスターミナルに到着。

場所はここ↓


バス停っていうより、開けた空き地…?
ただの駐車場みたいな。


ビシュケク行きは来るんだけど、ボコンバエバ村へ行くマルシュルートカが来ない…


TAXIドライバーっぽい人に
『ボコンバエバ村まで行くから乗りなよ』
と言われる始末…


意地でもマルシュルートカ乗ってやる・・・


と言いつつ、結構すぐに
ボコンバエバ村行きのマルシュルートカが到着。
(たしか1人150ソム)

こんな感じで満席です。
f:id:keichantabi:20181206164215j:plain

ボコンバエバ村到着

3時間ほどでボコンバエバ村に到着です。

カラコルから西へ約135km、トン県の中では最も大きい村で、
この村からビシュケク行きやカラコルへ行きのマルシュルートカが多く出ています。



次の日にユルタ(ゲル)に泊まるつもりだったので、
バスターミナルにあるCBTへ。


ところが!!!!

CTBのオフィスが閉まっているではないかぁぁあ😩

日曜日だから?


絶望に暮れる私たち。
諦めずCBTの扉を叩き続ける私たち。
もちろん誰も出ない


ワーワーやってるのを見てか
『CBTのスタッフは私の友達よ』
と女の子が声をかけてくれた・・・

んんん??英語喋ってるぞ、この子!!

『彼は今ここにはいないの。ビシュケクにいるの』と。

「ユルタに泊まりたい」と言うと、
なんと彼女、ユルタを手配できると言うではないか!!


彼女のWhatsAppを教えてもらって、後ほど連絡を取るということに。



WhatsApp(ワッツアップ)
海外旅するときに重宝します。

LINEと同じ、チャットアプリです。

日本ではほとんどの人がLINEを使いますが、
海外の人はほとんどLINEを使いません。

韓国・・・KakaoTalk(カカオトーク)
中国・・・WeChat(ウィチャット)
欧米・・・WhatsApp(ワッツアップ)

こんな感じで国によって主流のチャットアプリが違います。

旅人であれば全てダウンロードすることをオススメします。


という私、スマートフォンの容量不足で
どれひとつダウンロードしてないんですがね。


まぁダウンロードしていなくともどうにかなります。
FacebookかInstagramをやっていれば、世界中の人と繋がれます。

私は基本そっちで繋がっています。


WhatsAppですが、
ハルカちゃんがダウンロードしてくれていたので
この連絡先はハルカちゃんに託すことに。


ほっと一安心、本日の宿へ向かうことに。


景色がめっちゃ綺麗。
f:id:keichantabi:20181206194827j:plain
良き。

ここはスイスですか!?

宿にチェックイン

無事に本日の宿へ到着。
f:id:keichantabi:20181206195804j:plain
相変わらず外観は宿の雰囲気ゼロ…笑


と、ここで問題が発生…。


なんと、ユルタの予約をお願いする予定の女神様の
WhatsAppの番号・・・消えてた😱


はるか様〜〜〜😫



が、ここで諦めるハルカ様ではありませんでした。

なんとbooking.comでユルタ予約がで出来ました。

さすがbooking.com様!はるか様!



ユルタキャンプの詳しい予約方法はこちらの記事で。
www.keichan.work


キルギスのグランドキャニオン、スカスカへ

無事にユルタ問題が解決したところで
本日の最大イベント、スカスカへ行くことに。

キルギスのグランドキャニオン、スカスカ


宿でホッと一息つき、「スカスカどう行こうか〜」なんて話してたら
ドイツ人カップルが突然「キミ達、スカスカ行かない?」っと!!

行く!!!!!


と言う訳で、
このドイツ人カップルの、ガブリエルとクラリス、私たち2人の
合計4人でタクシーをチャーターすることに決定。


ナイスタイミング\(^-^)/


タクシーの料金は、1台1200ソム。
1人あたりは300ソム(約480円)。
安い!

スカスカツアーのスタート

車で走ること約30分…


スカスカの入口!!

f:id:keichantabi:20181207012249j:plain

写真ブレブレだけど『FAIRY TALE CANYON』って書いてある。
『おとぎ話の峡谷』・・・?
何とも不思議な名前。


シーズンである夏季は、入場料を取られるらしいけれど
それ以外の時期はタダで入れるらしい。


無人のチケットブースを通り過ぎ、
しばらく走るとタクシーが停車。

ここからは車は入れないので徒歩です。


Let's go!!
f:id:keichantabi:20181207113024j:plain
ドライバーさんも一緒に来るんだ。 (右)


しばらく歩くと…

遠くに湖が見える!
f:id:keichantabi:20181207132702j:plain

後ろを振り向くと雪山も!
f:id:keichantabi:20181207132919j:plain


この道を通るのに『怖い〜キャ〜』
とか言いながら全然進んでくれないクラリス…
f:id:keichantabi:20181207134524j:plain

それに構わず、どんどん進んで行くドライバー兼ガイド
f:id:keichantabi:20181207134724j:plain


その狭間で困り果てる私たち(笑)



と言いつつも、とても不思議な空間に興奮。
f:id:keichantabi:20181207134946j:plain

『おとぎ話の峡谷』というネーミングも頷ける。



本音を言うと、もっと岩の上の方とか登りたかったけれど
ドイツ人カップルはノロノロだし、
ドライバー兼ガイドは先に行っちゃって姿見えないし、
そんな余裕なんてありませんでした🤣笑

スカスカの帰り

ドイツ人カップルの要望で、スカスカの帰り道に温泉へ

f:id:keichantabi:20181207135334j:plain

外観は温泉ぽくないけれど
現地人らしき方々が何人も入って行ってました。

水着が無い私たちは、外でお留守番でしたが、
『キルギス風温泉』に興味がある人は是非入ってみてください。

ただし、営業は夜のみになります。
(PM6:00にはオープンしていました)

昼はクローズしているで注意です。


場所を貼っておきます。

ここのホテルの向かいにあります。

ドイツ人カップルの話を聞く感じでは
どうも、ただのお風呂のようですが…笑



ハプニングは多かったものの、有意義な1日となりました( *`ω´)